壁(1925年)

作品の裏面には

《壁》の裏面には、1924年に描かれた《裸婦》が残されています。ヴラマンクとの出会い以降、作風を模索する時期に描かれたこのような黒く荒々しい筆致の裸婦を、米子は「カラス天狗のよう」と表現しました。

《壁》の裏面
次の作品を見る作品一覧に戻るこの作品のトップに戻る
Copyright 大阪中之島美術館準備室 All Rights Reserved.